ブログ

髪の毛にしてはいけないこと!!

髪の毛にしてはいけないこと!!

(null)

■1:熱いお湯でのシャンプー

寒いこの季節、熱いお湯でシャンプーをしがちですが、これがダメージの原因に。キューティクルが剥がれやすくなり、髪内部のタンパク質も流出しやすくなります。また特にヘアカラーは熱に弱いので、色持ちも悪くなるもの。シャンプーはぬるめのお湯で行いましょう。

■2:ヘアスプレーやワックスの使い過ぎ

アレンジが楽しくて、ついついヘアスプレーやワックスを使い過ぎますよね。そうするとシャンプーの量や洗う時間、流す回数が増えるわけですが、市販のシャンプーは洗浄力が強いので髪が傷みやすくなります。

■3:ドライヤーで髪を乾かし過ぎる

寒くなると髪もしっかり乾かそうとします。しかし必要以上に乾かし過ぎると髪が傷み、髪の水分量も減ります。

髪を乾かすのは8割程度で、あとは自然乾燥で十分。ドライヤーは髪から10cm以上離し、乾かす前に熱から髪を守るトリートメントなどをつけるとさらに良いでしょう。

■4:髪のUVケアをしない

肌同様、髪も紫外線のダメージを受け、パサつきが増します。また、ヘアカラーの色落ちの原因にもなります。冬の終わり3月からは紫外線量が多くなってきますので、きちんと髪のUVケアをしましょう。

■5:ノンシリコンシャンプーなら何でも良いと思い込む

ここまでノンシリコンが重視されると、「ノンシリコンなら何でも良い」と思いがち。しかしヘアケアの基本はシャンプー剤。洗浄力が強いだけの刺激の強いノンシリコンシャンプーもありますが、これではダメージを増やすだけです。

ノンシリコンだけでなく、低刺激で髪がきしみにくいシャンプーを選びましょう。

■6:寝る前は乾かすだけ

寝る前は乾かすだけという人も多いですが、そのままでは髪のダメージは治るどころか、進行するばかり。オイルや洗い流さないタイプのトリートメントをつけて、髪の毛に栄養補給をしましょう。

以上、気をつけて欲しいヘアケア法をお伝えしました。

貞森亮

関連記事

  1. ブログ

    ホームページもリニューアル中です!

    http://stage-shinsaibashi.com/index…

  2. ブログ

    本日から仕事初めでございます

    お正月は実家でゆっくりさせていただきました。今年もお客様のため…

  3. ブログ

    サロンロゴ完成!!

    先日、Facebookでは告知させていただいたのですが、私、11月1日…

  4. ブログ

    Refs S carat 販売開始!!!

    Refs S carat 販売開始使用方法などは公式サイトへ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. キュレーション

    パーマの乾かし方
  2. くせ毛カット 

    くせ毛を切って収めるとともにパーマをあてる!!
  3. ブログ

    ストレートしたらいいの?それとも縮毛矯正しなくちゃダメなの??
  4. 縮毛矯正

    縮毛矯正に悪いイメージを持たないでくださいね。
  5. ブログ

    石原尚樹 スタイリスト テスト 合格
PAGE TOP